びわについて

「びわ」は近所でもよく見かけるような身近な果物ですが、
その葉は古くから健康に良いとされ、手軽な家庭療法として親しまれていました。

びわ丸々の成分のバランスが良く、それゆえに薬理効果があると言われています。
そしてびわ温熱療法としまして、やはり多くの癌のお客様がお受けになられます。
食事療法と併せて、びわ温熱療法をやられているお客様がたくさんおります。

びわ

びわ温熱療法が勧められる症状

癌・体の痛み・腰痛・肩こり・坐骨神経痛・膝痛・子宮筋腫・頭痛・眼精疲労・難聴・
不眠・疲労・足の疲れ・むくみ・冷え性・胃弱・不眠症・体力増加・五十肩・リウマチ

 

AMRITA JAPANでのびわ温熱療法

温灸器あるいはもぐさを使って行います。

温灸器では、びわエキスを医療器具である専用の遠赤外線ヒーターで
温め蒸気化し、皮膚に当てます。
遠赤外線は、他の熱源に比べ到達の具合が深く、びわエキスの薬理成分を多く吸収させることが
できます。びわエキスの薬理効果として、痛みを緩和したり血液浄化をし、弱アルカリ体質に
変わるため、諸器官の働きや自然治癒力が活性化されると言われております。

もぐさを使用する場合は、完全無農薬のびわ葉を使います。
びわ葉の上に、もぐさを押し付けてやります。
温灸器に比べますとパワーがかなり強く、より深くまで熱が浸透いたします。
そしてこのもぐさはかなり強力でして、人によっては合う方と合わない方がいます。
急性の痛みでしたら、3回お受けいただくと完治することもあります。

時には、温灸器ともぐさを同時に使うこともあります。
症状をお伺いさせていただき、温灸器ともぐさを使い分けます。

 

びわ温熱療法の時間と費用について

1回あたりカウンセリングも含めて60〜90分程のお時間をいただきます。
※個人個人の体調に合わせてお時間が変わります。

高品質のもぐさを使用しますので、費用は1万円(初回5,000円)となります。

 

びわ温灸療法を行う場所

東京都内、代官山駅から徒歩数分のスペースで行います。場所の詳細はご予約後にお知らせいたします。
当日は、タオル、短パンをお持ちいただき、半袖の前開きのブラウスでお越しください。